A.Satohの絵心路

長野県・信州信濃路  「安曇野」





「安曇野・春峰」

油彩F10号

長野県
池田町








池田町立美術館(アルプス展望美術館)

前の広場から・・有明山を望む

敬愛する画家・山下大五郎の世界です




「新行から烏帽子岳」

油彩F8号

長野県
美麻村新行






「安曇野・花畑」

油彩F8号

長野県
松川村

ちひろ美術館のすぐ北にある、
ひのい林檎園さんの花畑。


夫婦でちひろを鑑賞後、花に見とれて写生を開始、大阪ナンバーの車を見て、この花畑の作者・楽しき農夫・樋井(ひのい)さんが来られた!
樋井さんは大阪からの脱サラ、しかも私の会社の先輩だった!!ビックリポン
花は丹精込めて育てておられます、同時においしいお米と林檎の生産農家でもあります。

おいしいお米と林檎の注文は、
電話0261-62-5094





「万水」よろずい
油彩F10号
長野県
安曇野
この作品は鹿児島県へ嫁ぎました・・♪

安曇野豊科の大王わさび園
黒沢明監督作品 「夢」で作ったセットが保存されてます。

三重連の水車小屋と万水川
地の彫刻家 荻原碌山 が影響を受けた、井口喜源治の詩を紹介します・・・

水豊かなる万水(よろずい)の ほとりにわれは生まれけり
河辺の柳うちけぶり すみれの匂う春の朝
雲雀の声に夢さめて 雀の巣をばあさりつつ
水鶏(くいな)の雛のあとを追い 世のさま知らで過ごしたり

芦の葉末に風そよぎ 木の葉かつ散る秋の暮れ
夜長の夢のさえさえて 眠りかねたる折りからに
乗り下しゆく川船の ふなうた耳にひびくとき
人の浮世のある意味を くるしき胸におぼえたり





「安曇野・杏林」

油彩F10号

長野県
松本


この作品は奈良県へ
嫁ぎました・・♪


乗鞍から松本への道で、杏の林がありました。

近くの山は逆光で青紫、遠くにアルプスが白く鎮座していました。

杏の林・・・薬に使う杏、それで杏林製薬という会社がある。





「美麻村」


油彩F20号

長野県美麻村新行

この作品は守口市へ
嫁ぎました・・♪



美麻村から鹿島槍ヶ岳を望む

そば処の新行と言う里です、田植え準備の水田に屹立した鹿島槍連邦が映ります。
   
近所のおばさんがくれた「おやき」なる饅頭・・妙な味 それよりそばを御馳走になりたかった




「蕨平」

油彩F10号


長野県

小谷村


この作品は山梨県へ
嫁ぎました・・♪


コルチナ国際スキー場近くの蕨平という里での写生。
秋のつるべ落としが山塊を逆光にさせ、輝く稲穂が美しく対比していました。



back next