A.Satohの絵心路

新潟県・妙高高原  「秋散策」



「秋妙高」

油彩F15号


新潟県
妙高高原


この作品は
三重県へ
嫁ぎました・・♪



11月の中旬です、
描き始めた頃は頂上は雪らしく、雲で覆われていました。

稜線が次第に上まで見え始めてきたので、この雪は
必ず上がるとみて、制作を開始!

ふと、雪上がりの雲が妙高を鉢巻のように巻いて、佇んだのだ!

必死で筆を運ぶ、夕暮れも近い!

あの雲をゲット!!

あの雲に乗ってみたいと思いながらの格闘技!




「兼俣から妙高」


油彩F8号


新潟県
妙高高原・兼俣



この作品は
八尾市へ
嫁ぎました・・♪


少し曇っていましたが・・
一度訪れたいとの想いから

光風会の写生会もここでされたようです・・




「秋のせせらぎ」


油彩F10号


新潟県
妙高高原



小雨が降っていましたが、気にせずペンション前のせせらぎへ・・・

この作品は朝めし前に描きました・・♪


なんでもないところですが、こういう狙い方をもっと勉強したい・・



「放牧」

油彩F15号


新潟県
妙高高原



この作品は
大阪市へ
嫁ぎました・・♪




笹ヶ峰牧場の牛達

午前中はひたすら食べますなにせ四つ胃があるんだから・・




「午睡」

油彩F10号


新潟県
妙高高原



この作品は
兵庫県へ
嫁ぎました・・♪



午後は、寝ます

食っちゃ寝、食っちゃ寝の人(牛)生・・





「白い薄化粧」

油彩F10号


新潟県
妙高高原



この構図は、3枚目の作品になります。

何度も描きますが、何度描いても面白い・・♪


秋なのにこの異常な緑は、フェーン現象のため・・




「笹ヶ峰」

油彩F10号


新潟県
妙高高原



素晴らしい紅葉は、フェーン現象のため。

人気イラスト作家の手島 加江さんの御両親
(医師)との旅でした。





「秋朝」

油彩F15号


新潟県
妙高高原


この作品は
交野市へ
嫁ぎました・・♪



いもり池に静かな朝・・
初秋のこの頃、雄大なスロープが朱から緑へと斑にリズムを打ちます、
夢中で描くうち、やがて昼時、ペンションの酒井さんが、おにぎりの差し入れ!
なぜここで描いていると判るの?
・・・犬が一緒だった。




「清水池」

大作油彩
F50号


新潟県
妙高高原



笹ヶ峰の降りたところに、清水池という美しい澄み切った池があります。
フェーン現象で空気はからから、そのせいで、色彩が最高彩度に乱舞します、我がパレットも絵の具が紅葉♪

とある、画家がこの作品の赤を見て言いました「この鮮やかな赤は本当ですか・・・と」
笹ヶ峰を知らない方には、異常に見える赤です・・・






「冬の訪れ」


油彩F10号


新潟県
妙高高原




この作品は
八尾市へ
嫁ぎました・・♪



雪が上がったようなので、笹ヶ峰まで遠出しました。

年中フェーン現象の続くこの地では、緑が異常に美しい・・・♪


名も知らない山塊が冬の訪れを語る・・




「たおやか」

油彩F10号


新潟県
妙高高原




あの山は「焼山」といいます。

たおやかな稜線が幾重にも連なり、木々の紅葉は幾分終了です・・

秋の清水池を描いてみようと、坂を下り始めましたが、この構図を発見し、夕刻まで描いた・・・このあと大阪に帰ったので、秋の清水池は次の楽しみ



「森の中で」

油彩F20号


新潟県
妙高高原




この作品は
妙高へ
嫁ぎました・・♪



森の朝、朝日が森に射し込みます、せせらぎの音、風のそよぎ、舞い落ちる葉。

森の妖精がミニスカートで歩く。




「冬晴」

油彩F8号


新潟県
妙高高原



この作品は
妙高へ
嫁ぎました・・♪






back
next