A.Satohの絵心路

水彩画  「ドイツ・オーストリア」


ドイツ
「ライン川」

水彩SM号


ドイツ


次々に古城が出現します・・

乗船時は霧にむせぶラインでしたが、やがて晴れてきました。



「ローテンブルグ」

水彩SM号


ドイツ


早朝にデッサンし・・
午前中の自由時間に着彩しました。




「ブルグ公園」

水彩SM号

ドイツ
ローテンブルグ

ブルグ(城)内の公園です。
フルートを演奏する若者がいて、観光客からチップを稼いでいます。私が絵を描いている間と言うか、ズーーーーット「ローレライ」を演奏していました。  日本人にうけるため?

爺さんが私の絵を見ていった・・
「レンブラント」!!!・・嘘つき爺さんだ!




「ディンケルズビュール」


水彩F4号

ドイツ


中世の街です・・

昼食を得意技の超早飯食いで切り抜け、スケッチしたものから

アトリエで新たに描き起こした作品





ノイシュバンシュタイン城

水彩SM号


ドイツ南部


かの?ルードリッヒ○世が建設し、未完成のまま、
近くの湖で水死体・・・

難しい名前なので、孤独の城と命名・・彼は孤独だった


このスケッチは、夕食後の9時ごろ描いたものです、
緯度は樺太より北ですので、10時頃まで明るい。




「孤独の城」入場前


水彩
メモ用紙


ドイツ南部


ノイシュバンシュタイン城への入場は、世界中からの予約で予約時刻しか入城できないので、待ち時間でスケッチ・・5分ほど
















この城は写真をつけるべきでしょうね・・



















美しすぎる湖と城・・・裏腹に苦悩が・・

















昨夜、このノイシュバンシュタイン城を描いていたときに声を掛けられた方に、再度出会い昨晩の作品を見せました・・・

「ユーア ピカソ!」と言ってていた・・
相変わらず外人は嘘つき!











「ホッペン湖」

水彩
メモ用紙


ドイツ南部


昼食時間の前に数分、湖の前で待たされた間に描く








「ヴィース教会」

水彩
メモ用紙


ドイツ南部



息を呑む素晴らしい教会を、駆け抜け、3分で描く




この地で、ドイツをあとにし、オーストリアに入る・・・




ドイツ旅ブログはここ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/egocoloji/19821750.html


オーストリア
「ザルツブルグの広場」

オーストリア


街の広場では、なにやらイベントで大変な人出!!


なんと人々は日本人に向かって「ミナモト!!」と叫びます??

地元のザルツブルグサッカーチーム(レッドブル・ザルツブルク)がオーストリアリーグで優勝したお祝いイベントです!!

市民に「ミナモトでなく ミヤモトだ!」と何人にも言ってやったが、どうやら発音できないようだ?

日本語で表現すると「宮本」が「源」となっている!



「ザルツブルグ」

水彩SM号


オーストリア


モーツアルトの生誕地
祝祭劇場での音楽祭、
カラヤンの生家、
塩の街


モーツアルト橋の上で描く

沢山の外人が覗いていくが、言葉が判らないので集中できる!



「ザンクトヴォルグガング」

水彩SM号


オーストリア


妻とはぐれて、集合時間に遅れました!

ダッシュで駐車場から湖まで2往復・・汗だく
最後は携帯電話が役立った!!

・・皆さんも国際ローミングにして、持っていかれたほうがよいですよ!





「ハルシュタット湖」


色紙大


オーストリア

この作品は大阪市へ
嫁ぎました


世界遺産です!!

美しい湖との調和・・

迷子に懲りて、駐車場で描く




ザルツカンマーグート

水彩SM号


オーストリア



映画「サウンドオブミュージック」の舞台です・・・


マリアには七人の子供がいて、ドレミの歌が歌えるけれど、
現代の女性では7人の子供を産めば、国民栄誉賞だし、少子化も即解決・・♪ド  ♪レ ♪ミ



「メルク修道院


水彩
メモ用紙


オーストリア


ドナウ川を下る、乗船場から・・数分のメモ



「ホイリゲ・居酒屋」





オーストリア

ウィーン

ウィーンの居酒屋でツアー最後の夜を楽しむ・・


演奏屋さんが日本の曲で盛り上げる・・最近は中国の曲も
銅貨のチップは受け取らない!
白い硬貨(1ユーロ)以上は受け取るので、
その名を ホイリゲーノ・セコイズ と命名!




「ウィーンの森」

水彩SM号


オーストリア
ウィーン


空港近くのホテルから・・

旅の最後のスケッチとなりました・・


オーストリアの旅ブログはここ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/egocoloji/19965040.html


back
next